文字描きの琴音さんの事。

Pocket

過日、路上一筋、7年頑張っておられる琴音さんにお声がけ頂き、様々学ばせていただきました。

ネットでは得られない生々しい現地の状況。
青森、群馬、他の地での私と同輩の演歌の歌唄いの方々。
路上15年でメジャーデビューが決まった女性の方の話。
近隣の路上可能な場所の情報。
それらを通じて、路上でお代を落としていただく心構え。

どれも、この歳にして、少年期のように我が身に染み込みました。
ありがとうございました。

誰に媚びる必要も、嘘や虚飾に頼る必要も、くだらない権威に頼る必要も無く、己の能力で、己の人生を生きる人物の凄みに触れさせて頂きました。
上辺だけの批評や評論、どこかで聴いたような受け売りの言葉を、いまさらに薄く薄く感じます。

その琴音さんに、パフォーマンスを見ていただき、「行けるよ!行けるよ!」と激励いただきました。
お言葉を励みに頑張ってまいります。

最後に。
別れ際に「流しを目指す私に歓送の言葉を頂ければ…」と、色紙に描いて頂きましたものを掲載いたします。


文面は以下の通り。

たかしさん  [琴]

頑晴り
すぎず
今を
楽しむ
自分の
為に
自分の
ペースと
自分
らしさ
大切にして
今この時は
光り輝く
未来へと
繋がっている
楽しむことを
顔晴ろう

(※本人承諾の上、記事にさせて頂いてます。)

ひょっとして。
力が入りすぎているのを見抜かれてたかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください